最終リハ

ライブ直前最終リハも終わったし、
荷物も積み込んだし、
ソリも入れたし、
弁当も持ったし。銀蠅か。
というわけでもうすぐ始まるアレゴリーツアー、
まずは7日東京渋谷O-WESTで会おう。
てつろうも全開のマーシャルアンプを背中に、
絶叫してくれる事でしょう。
和尚さんも気合い十分でおまちしております。_MG_5964-thumb_MG_5766-thumb

猿島

今日は 天気がいいから、いい写真とれるかなあなんて思って、
当HPのカメラマンと共に、横須賀あたりを撮影して回ってたんだけど、
ゴールデンウィーク真只中の横須賀はどこへいっても人だらけ。
「それじゃあ思いきって無人島へでも行くか」なんて、
船に乗って東京湾唯一の自然島、猿島にわたってみた。
小さい島に船で15分ごとに100が人上陸。うがあああ。
もう人しかいねえ。猿はいねえ。肝心の浜辺は夏に向けて工事中。
残されたせまい砂地では、江ノ島でもありえないくらいの人口密度でバーベキューやってるよ。
お目当てのレンガ造りの弾薬庫跡(ここは日本軍の要塞だったのだよ)も、
センスのないベニヤ板で入り口にフタされているし、
道も場違いなボードウォークになっちまってる。
かつてショッカーのアジトのロケ地として使われていたくらい、
数年前まではヤバそうな雰囲気満点のとっておきの場所だったのに。
くだらねえことに金かけるんじゃねえ横須賀市!
FU○○!SH○○!チッキショーby小梅。

sarushima-thumb

というわけで明日はツアー最終リハ。
いつもは横須賀でリハーサルやっているんだけど、
今回は何故か毎回埼玉に程近い東京板橋の成増でやってんだよ。
メンバーも音響チームもみんな湘南に住んでんのにどうしてこうなるんだよお。
FU○○!SH○○!チッキショーby小梅。

この日記を書いていたらベースのてつろうから電話がかかってきて、
彼がパーソナリティーをやっているFM湘南ナパサの長寿番組、
「森田哲朗のMUSIC SCHOOL BUS」に電話出演したよ。

SRS

29日は東京お台場のZEPP TOKYOでスーパーロボット魂ライブ。
俺は「キングゲイナー」と「プラネットダンス」、
JAMとして「No Serenity」と「VOYAGER」を歌ってきたよ。
キンゲーはこういったイベントではずいぶんやってきてるから、
いつも通り会場を盛り上げてきたけど、
プラネットダンスは今回ギター無しのハンドマイクだったんで、
ずいぶんと勝手が違ったなあ。
俺のギターがなくて初めてわかる「俺のリズム感て独特だったのか」。
それからこの日のJAMは影さんと遠ちゃんと俺の3人。
ダニーはロボットものをまだ歌って無いんだそうだ。へー。
「No Serenity」は影さんの自信作で、俺も大好きなんだけど、
オリジナルがこの3人だったからスーパーロボット魂限定だな。
「VOYAGER」は3人で歌うのは初めて。
遠ちゃんが3人用にパートをきちっと分た表を作ってくれたんだ。
ありがたいのう。遠ちゃん偉い。

客席には俺のコンサートに来てくれているファンのエビバデも
あちこちにちゃんといるではないか。
アンコール最後曲「マジンガーZ」の前の水木さんの話が相変わらず長かったので、
その間ずーと探してました。
来てくれたみんなありがとう。

写真撮り忘れで、帰り際近くのコンビニの駐車場から撮ってみた。
この観覧車の下にZEPP TOKYOがあるんだよな。ODAIBA

リハーサル

4月26日と27日はアレゴリーツアーのリハーサル。
この日で曲順も決定し、細かいところを直して行く作業。
今回はトリオだから、4人の頃の福山バンドに比べると、
1人1人の負担がやや多め。
麻生祥一郎もこんなかっこまでしてリズムに厚みを加える。なわけがないだろ。
どわはははは。

060426_1754~001

「最少人数で最大のインパクトを」とは、
かつてジミ・ヘンドリックスがJIMI HENDRIX EXPERIENCEを結成した時の言葉だが、
トリオの醍醐味ってそこに尽きるんだよな。特にライブではね。

だから今回俺の立ち位置は上手(かみてと読む、客席から見て右側ね)。
トリオだったハミング時代の俺の定位置だな。
やっぱりここが一番落ち着くよな。一目でバンド全部見渡せるし。
やっぱギタリストは上手でしょ。

トリオ

さて、ロックの始まりである。
10日、11日はALLEGORYツアーのリハーサルでした。
福山バンドで音を出すのはほんとに久しぶりだなあ。
たぶんFUKUYAMA FIRE出した時のツアーからやって無いからなんと10ヶ月振り。
しかしブランクがあろうと俺達は相変わらずの凄えロックな音だったよーん。
今回は哲とアチョーと俺の3人だからさらにタイトだよーん。
2日間ぶっ通しでしっかりと新曲を仕上げていきました。

そして福山バンドのリハと言えば、はなぜか毎回横浜からスタートするんで、
当然夜御飯は中華街。
アチョーが独自に開拓した新しい店へ行き、
これがうまいのうまくないのってどっちなんだめちゃくちゃうまかった。
こっちも2日続けて同じ店で食いまくり、毎日腹一杯だ。

そしていよいよ明日はALLEGORY発売日。CHUUKA-1

ファンの集い 大阪

もう先週の事になるけど、ファンの集いに参加してくれたみんな、
どうもありがとう。
東京で麻生祥一郎に、大阪は森田哲朗にそれぞれ出演してもらいました。
コーナー「祥一郎の部屋」の麻生は最初緊張していたみたいだったけれど、
ソファーが安楽だった為だんだん崩れて行き、座る姿もだらけまくり、
最後は普段の2人の会話になってしまったな。
「哲 この部屋」は終始てつろうペース。
DJ、司会を長年やっている男だけに、立て板に水の如きでありました。
俺のライブの司会もやってもらおうかなあ。

そしてバサラギターも約1年ぶりに活躍。
活躍中にまたしてもネック折れ、羽もげ。
うがあああああああ。

4月5日に発売されたJAMのDVDとベストアルバム聞いて(見て)くれたかな。
DVDのメイキングは過去最高の出来だぜ。どわはははは。
アルバムの新曲は1曲で10分超える大作、今どき無いぞこんな凄いの。

そして明日10日からアレゴリーツアーのリハーサルがいよいよ開始。
どきどきうおおおおおおおお。

あすか

新しい家族の「あすか」。ロングコートチワワのメスです。
名前は娘の桃子が付けました。福山家初のまともな名前のペットだ。
俺も福山恭子も子供の頃から、犬猫は代々拾うかもらうかで飼ってきたので、
買った犬、しかも血統書なんて付いてるのは初めて。
一目惚れだからしょうがないんだそうである。

実は去年の12月28日に来たんだけど、
明けて1月1日にパルボ熱というのにかかり入院。
ワクチンを打つ前だったので生存率20パーセントと言われるも、
見事生還。
めちゃくちゃかわいいなあ。
俺は毎日「どうするアイフル」のおやじである。

ファンの集い東京

今日は福山王国第2回ファンの集いでした。来てくれた国民の皆様ありがとう。
場所は東京・表参道FAB。ちょうど2年前、3時間50分のライブをやった、
ねここしゃんを35分間やり続けたあのFABだよ。懐かしい会場ですな。
楽しんでもらえたかなあ。
俺自身進行を把握いてない所もあってばたばたしてしまい申し訳なかった。
内容は大阪もあるから言えないが、
結局3時間の予定がやっぱり4時間近くかかってしまった。
ここはやっぱり4時間コースになってしまう場所だったんだな。

 

特典ポスターの直筆サインがやっと終了だ。

ALLEGORYの制作も終了後も余韻に浸る事無く、
頼まれてた作曲、ラジオやテレビの取材、歯医者(奥歯がいてえ)等忙しくしております。
まあこの前までの締め切りと戦っていたプレッシャーにくらべれば、
追い込まれている訳ではないので、実に晴れやかな気分だな。春だし、野球日本優勝したし。
おとといもJAMのみんなに久しぶりに会ってラジオで喋りまくり、実に楽しかったよ。

アルバム制作期間中ネットなんてほとんど見てなくて、
久しぶりに俺に関する噂を探していたら、
ポスターにプリントのサインが付くて書いてある。
「プリントサイン入りポスターなんてかっちょわりい、だせえぜ」
なんて思っていたらどうやら、手違いでサインが入らなかったらしい。
代わりに全部にサインしろ、明後日まで。と事務所に言われ、
自宅に持って帰り、丸一日かけて書き終わったぞサイン。指がいてえ。
まとめてこんなにサイン書いたのは始めてだ。本当に疲れました~。
見ろ!このうず高く積まれた俺の直筆サイン入りポスター。
こうなったらサインしてないポスターのほうがはるかに貴重だぞ。poster

Yoshiki Fukuyama Diary